本文へスキップ

おかげさまで50周年

お問い合わせ
トップページCSR・環境 ≫ コミュニケーション

コミュニケーションCOMMUNICATION

・日韓親善京都 さくらとむくげの会

 自社では社長自らが会長を務める、さくらとむくげの会に参加しています。
会では毎年日本と韓国との交流を深める様々な催しを行っています。日韓親善少年サッカー大会や東日本大震災義捐金活動など、様々な活動を通じて交流の輪を広げています。
(PDF さくらとむくげの会挨拶)
(PDF さくらとむくげの会活動)

日韓親善少年サッカー

・NPO法人 環境ヒューマンネットワーク城南・地球環境倶楽部への協賛

 本社近辺の土地は自然が今も多く残っており、少し山に入れば清流がせせらいでいます。
しかしながら今日では、自然環境や社会の変遷の中で人間と動植物との関わりはますます離れていくように感じられます。
ホタルの川の生息環境の整備活動は、京都府の地域力再生事業の支援交付金を受け、NPO法人 環境ヒューマンネットワーク城南や地球環境倶楽部が山奥や一部でしか見られなくなったホタルを呼び戻し、私たちの身近な場所でもホタルが見られる環境を作っていこうという取り組みです。私たちの造った砂や砂利がホタルが住みやすい環境を作るのに一役買っています。
(PDF ホタルの川復元掲載記事)

        
ホタルの川
ヘイケボタル

・NPO芝生スクール京都への参加

 私たちは緑化事業でも取り上げましたが、校庭緑化を事業として行っており、その中でNPO芝生スクール京都の活動に参加しています。生徒が遊び、学べる芝生のグラウンドの為に毎年、活動を行っています。
(NPO芝生スクール京都のブログへ)

NPO芝生スクール京都
NPO芝生スクール京都

・寺田駅前まちづくり協議会への協賛

 これは私たちが材料を通じてまちづくり活動に貢献した一例で近鉄寺田駅前のロータリーには自社の肥料混合土によって美しい花が咲き、皆様に喜んで頂きました。
(PDF 寺田駅前まちづくり掲載記事)

近鉄寺田駅前のロータリー

・地域住民への恩返し活動

 城南工建では事業や工事を行う際に地域住民の皆様に何かと御不便をお掛けする場合があります。その中で地域やコミュニティで協力をして頂いたときに感謝の意を込めて自社なりの方法で何か恩返しができないかと考えました。
例に挙げる西大久保団地では、外壁改修工事の際に協力頂いた自治会の方々の要望で砂場の補充作業を地域住民の方々と協力して行いました。この活動は大変好評で皆様から感謝の言葉まで頂きました。
(PDF 大久保団地掲載記事)

西大久保団地 砂場の補充作業

・白坂地区、文化財保存活動

 城南工建の開発予定地の白坂地区内には茶臼塚古墳という埋蔵文化財が存在します。これは6世紀後半に築造され、今日に至るまでに盗掘を受け発掘調査も完了した遺跡です。
このような遺跡は記録だけを残して破壊されるのが一般的ですが、先人を敬い、過去の歴史を後世の人が目で見て触れて、感じ取れるようにとの想いを込めて、予定地内にある公園への移築保存を決めさせて頂きました。
(PDF 茶臼塚古墳掲載記事)
(PDF 茶臼塚古墳説明資料)